いえしごと

iesgt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:マタニティ( 2 )


2015年 10月 05日

息子への報告

なかなか授からない日々が続いた時、励ましてくれたのは5歳の息子でした。

「いいじゃん、いいじゃん。うちにはかわいい○○(自分の名前)がいるんだから。」

そうだね。苦笑。
でも一度だけ、「ぼくだって赤ちゃん欲しいよー」と悲しい顔をしたことがあります。
幼稚園では一人っ子は珍しいので、何か思うところがあったみたい。

そして待望の2人目ができた時、
息子に最高にハッピーになってもらえるような報告をしたいなと思いました。

息子が3歳の時、
「どうしてぼくはこのいえにうまれたの?」
と聞いたので、
「ママが一人ぼっちで寂しいな、早く赤ちゃん来ないかな、って思ってた時に、
お空の上から○○君が見つけてくれて、『あっ、優しいママと優しいパパがいる!この家にしよう!』って、
我が家にやって来てくれたんだよ」
と説明しました。

そしたらその説明をすっかり気に入って、そしてすっかりその気になって、
自分が本当に経験したかのように「ぼくはこうやってこの家にやってきたんだよー。」
と何度も話してくれました。

だからこの設定を生かした報告にしようと考えました。
まずは心拍が確認ができた時に、「ママ赤ちゃん欲しいな、○○君お空から呼んできてよ」
と言いました。

「おーい!あかちゃーん!こっちへおいでー!」

息子は大きな声で空に向かって叫んでくれました。

それからまた2週間後の検診で、無事2回目の心拍が確認できました。
その時にいよいよ、お腹に赤ちゃんがいることを報告しました。

「あの時○○君が呼んでくれた赤ちゃんが、お腹の中に入ってくれたよ!」

息子の第一声は、

「やったじゃん!」

大人か!?

もうその頃すでに一か月以上、一日中寝込んだりしていたので、
「そっかぁ、それでママのお腹が気持ち悪かったんだね、なるほどね。」
と妙に一人で納得していました。
その後、「ママのお腹が気持ち悪かったのは、赤ちゃんがお腹の中にいるからなんだよ。」
と周囲に説明して回っていました。

逆に、急に寝込んだ私を見て、それまでなんとも疑問に思っていなかったのか、
母は不思議でたまらんよ。


↓近々購入予定。今ってこういうのがあるんですね。
これでマタニティパンツ買わずに手持ちのパンツをそのまま着用できそう。


↓応援クリックしてもらえるとうれしいです♪


[PR]

by ieshigoto | 2015-10-05 10:38 | マタニティ | Comments(0)
2015年 10月 01日

これまでの道のり・・・ゆる二人目不妊治療・・・

息子とお腹の赤ちゃんとはギリギリ5学年差になりました。年齢的に言ったらほぼ6歳差です。
そして私は出産時には39歳になってしまいます。
高齢です。ぎゃー!

本当はもっと早く2人目が欲しかったのだけれど、なかなかここまで辿りつくことができませんでした。
誰かの参考になるかもしれないので、ここまでの紆余曲折を記しておこうと思います。

☆子作りスタートと卵巣の手術

息子が2歳を過ぎたくらいで、そろそろ2人目をという話になりました。
そもそも息子を生んだ時ですらそう若くなかったので、早めに取り掛からなくてはと思いました。
なので、半年経っても妊娠しなかったので、すぐ病院に行きました。

そしたら、卵巣が腫れているので手術をした方がいいという話になりました。
すぐに手術できるわけではなくて、注射を何回か打って生理を数か月止めなくてはいけません。
手術の後も子宮を休めるために数か月子作り禁止です。
その後すぐに妊娠したのですが、2回の初期流産を経験しました。子宮を休めるために子作りはまた小休止。

こんな風に進んだり戻ったりしながら、1年半が過ぎました。

☆長い空白期間と排卵検査薬

その後は長く妊娠しない期間が続きました。
通っていた病院は不妊専門ではなく、総合病院の婦人科。
基礎体温表と卵巣のチェックでだいたいの排卵日を教えもらうくらいです。
体温が少し低いので漢方薬を処方してもらいましたが、それ以外に問題はなく、
「一人いるんだから大丈夫!タイミングだよ、そのうちそのうち。」
と医師の言葉を信じるしかありませんでした。

これがもし一人目だったら、体外受精など次のステップに進んだと思いますが、
かわいい息子がいるわけだし、そこまではしなくていいかな、と夫も同じ気持ちでした。

基礎体温からの排卵日の特定は普通、体温がガクッと下がってから上がるまでの間だと言われています。
私の場合、この下がってから上がるまでの期間が長く、排卵日をここ!と特定することができません。
医師は、この期間になるべく多くタイミングを取って、と言いますが、夫の帰りは深夜なのでそうもいきません。

それで私が次の手を打ったのが、排卵検査薬です。
日本製は高いし薬局に行かないと購入できない(しかも書類を書かされる)ので、中国製の排卵検査薬をネットで購入しました。
こちらは1本あたり数十円なので、気兼ねなく何本も使うことができます。
もしかして?という日は、朝と夜の1日2回使っていました。
この排卵検査薬も、絶対にこの日!と特定できるわけではありません。
でも、基礎体温だけよりも、もう一つ目安があることで、安心感が増しストレスは減ったように思います。
中国式排卵検査薬は本当におすすめです。

☆ちょっと休憩してみる

漢方を飲みながら基礎体温と排卵検査薬でタイミングを取る、という方法で1年と数か月過ぎました。
生理予定日に一喜一憂(結果は全て憂なんだけど)する生活にも疲れ、
そろそろ本当に諦めようか、それとも思い切って次のステップに進もうか、と考えだした時です。
去年息子と同じクラスだったうちと同じ一人っ子ママ(この地域で一人っ子は珍しい)が、妊娠したと聞きました。

「いいなー、うちも欲しいなー」なんてお話ししていたら、
「実は不妊治療専門の病院に通ってたんだけど、ストレスで病院行くのを止めたらすぐに妊娠したんだよー。」
と教えてもらいました。
不妊治療を止めた途端に・・・、なんて話はよく聞くけれど、こんな身近にもあるんだなーと思いました。
でも、私は一度こうと決めたらそのことに突き進んじゃうタイプなので、
欲しいと思ってるのに止める、なんてことはできないだろうなと思いました。
しかしその言葉はちょっと頭の隅に引っかかっていました。

それからしばらく月日が経ち、今子作りして妊娠したら、出産予定日が3月頃になる時期になりました。
3月生まれはクラスで体が小さくて心配だし、
4月生まれも幼稚園に通えるまでが長くてしんどいし(息子6月生まれでかなり辛かった)、
しばらく休憩することにしました。
漢方薬が切れていましたがもらうのをやめ、排卵日前の卵巣チェックも止めました。

いつもだったら排卵日予想日のだいぶ前から排卵検査薬を使うのだけれど、どうでもいい気分になり、やりませんでした。
でも一日だけ、ちょっと使ってみようと試したところ、薄い陽性反応が。
どうせ駄目だろうけど、と思いながらまあ一応、ということでタイミングを取りました。

☆まさかまさかの・・・

そしたらまさかの妊娠!
ちなみに、それまでは毎月生理予定日前になると、
「絶対妊娠してる!」「吐き気がする、もう悪阻はじまった!」なんて想像妊娠してたのが、
その時はまったくそんなことなくて、何も考えていませんでした。
やっぱりストレスだったのか、こんなことってあるんだなー。

ここまで辿り着くのにトータルで3年近くかかりました。
息子の時はすぐに妊娠したので、「なんて親孝行な子、奇蹟の子だ!」なんて思っていたけれど、
お腹の中の赤ちゃんも、やっとやっと芽生えてくれた、貴重な奇蹟の子です。





↓応援クリックしてもらえるとうれしいです♪



[PR]

by ieshigoto | 2015-10-01 12:24 | マタニティ | Comments(2)