いえしごと

iesgt.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 30日

イライラMAXデーと、子育ては何のため?

実は昨日と一昨日、息子とケンカをしました。

原因は2つ。

1.年始からずっと週末に夫が仕事や地域の予定で不在がち(平日は深夜帰宅)。
  しかも先週末は2泊も旅行に行き、イライラが溜まってきた。

2。晩御飯を食べた後、息子が「ばあちゃん家に遊びに行きたい!」と言ったから。
  (義実家はすぐ隣です)

2つめは、普段なら「どうぞ、どうぞ」と送り出すのですが、なぜかこの日は「こんなに私が遊んであげているのに!」と頭にきてしまいました。
この日も朝から寒いのに公園に行っていたのです。しかも寒いから本当に誰もいなくて。それなのに。。。

次の日も怒りが収まらず、きっと私の口調がきつかったのでしょう、
朝の準備の時にモタモタしている息子に注意をすると、
「ママのこと好きじゃない!ママのこと好きかどうかわらかなくなってきた。」
と言われてしまいました。
どんどん私の怒りが抑えきれなくなって、ずっと険悪なまま、公園に行きました。

それからお昼が過ぎてようやく、自分の気持ちが落ち着いてきて、
息子が「内緒話ししよ。ゴニョゴニョ。」
と言ってきたので、
「ゴニョゴニョ。ママは○○(息子の名前)が大好き。」
と私が言ったら、息子は本当にうれしそうな顔になりました。

あぁ、私はなんてことをしてたんだと、反省して、涙が出ました。

ちょっと暗い内容ですが、この気持ちを忘れないため、ブログに記しておこうと思いました。

ちょうど図書館で借りてきた本に、こんなことが書いてありました。

「片付けは目的ではなく、自分のなりたい未来のための手段です」

これは片付けだけに限った話ではなく、
家事や育児先般に言える話だなぁと思いました。

先日の記事に書いた、「自分の時間を作る」ことも、
すなわち、子どもとの時間を全力で子どもに向き合うためであるし、
おいしい料理を手早く作ることも、
掃除・片づけも、すべて子どもと楽しく仲良く暮らすため。

それなのに、どうしたら家事を手早くできるか?とか、
どうしたらスッキリ収納できるか?とか、
そんなことばかり考えて、イライラしては本末転倒です。

私にとっての育児は、自分の幼少期のやり直しでもあります。
母が働いていたため、私は幼い頃、寂しい思いをずっとしていました。
子どもの時に、こんなことしたいな、あんなことして欲しいな、
と母に対して思っていたことを、今、
自分が息子にやることで、救われる思いがあります。

子育ては何のため?
自分が幼少期にしてもらえなかったこと、
楽しい思い出をいっぱい与えたい。
そして、
毎日楽しい!生まれてよかった!これからも楽しく生きる!
そんな生命力あふれる人間になってもらいたいです。

   ※  ※  ※

お詫びに、というわけではないけれど、
今日はクレープ焼いて、息子と一緒に巻いて食べました。
中身はイチゴと生クリームとチョコシロップです。

f0302010_16413111.jpg

かわいいお皿で食べたい!とパープルパラティッシをリクエストする息子。


今度のお買いものマラソンでマグとお皿を1枚買い足そうかなぁ。。。

トラコミュ子育てのつ・ぶ・や・き

トラコミュ子育てを楽しもう♪



ご訪問ありがとうございました。
ポチッとしていただけると嬉しいです♪


 
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村



[PR]

by ieshigoto | 2014-01-30 17:04 | 子育て


<< 幼稚園の入園準備、ゆるーくはじ...      献立作りを見直し、自分の時間が... >>