いえしごと

iesgt.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 01日

書類の断捨理 何でもとっておく夫 VS 何でも捨てる妻

2階の本棚に収納していた書類の整理をしました。
f0302010_08433708.jpg
左が空になって不要になったバインダー、右が保管しておくバインダーです。
保管しておくバインダーは2冊、保険関係と、銀行・ネット関係(IDなどが記載されているもの)で分類しました。
(本当は白いバインダーを買ってきて背表紙にラベリングしたいですが、そこまではできず)
f0302010_08433475.jpg
これ全部に書類が入っていて、これが全部空になったんです。すごいですよね。
今となっては、どうしてこんなカラフルなバインダーを買ってしまったのだろう?と思います。
当時は、白で統一なんて全く頭になく、色が分かれていた方が分類しやすいと思ってたんですよね。
でも全然分類されてないし・・・。

家の建築関係の見返すことはないけど捨てない方がいい書類は箱に入れて納戸に、
取扱説明書は別の場所に移動しました。
それ以外、ほとんどが必要ない書類でしたので捨てました。

そもそもこれを最初にファイリングしたのは、ほとんどが夫です。
当時私は乳児の育児でそんな余裕がなかったのです。
それに、私がやるとなんでも捨ててしまうので、夫が率先してファイリングしてました。

我が家の夫、なんでも取っておきたがります。

息子が生まれる前の妊娠中、
生まれて家事が何も手につかなくなる前に整理しようと、
今まで夫の聖域だった書類関係の整理に手を付けました。
すると、出てくる出てくる、いらないものが。
 ・鼻毛カッターの取扱説明書 ← 見る!?
 ・出産の内祝いをもらった時の熨斗 ← なぜ!?
熨斗については捨てていいか確認したら、
「子どもの名前が書いてあるから捨てられないし、会う時に子どもの名前忘れてたらこれ見たらわかるし」
との返事が。
百歩譲ってそうだとして。
友達に会う時に、家を出る前に玄関で「あっ子どもの名前確認しなきゃ」と考えて、
膨大なファイルの中からこの熨斗にたどり着くことなんて、あるだろうか。
・・・いや、絶対ない。

というようなことがあり、それ以来、
明らかにいらない物は夫に確認せず、私の判断でどんどん捨てるようになりました。

そして家を建てて引っ越す時、私は乳児の世話で疲れていたので、
またファイル関係は夫が収納するようになり、最初の写真のようにどんどん溜まっていったのです。

まずは私一人で処分の判断をしました。
今回も出てきました。絶対に取っておく必要ないってものが。
・自転車の取扱説明書 ← 鼻毛カッターで懲りてない
・車を買った時の商談メモ ← 思い出に浸りすぎる!

これで3分の2くらいは処分したでしょうか。
それから夫のいる週末に、残りの私では判断できないもの
(と、なぜ保管しているのか意図を聞きたいもの)について、
夫にみてもらいました。
そうしたら、夫が捨てると判断したのはそこから2枚くらいでした。(そんなワケない!)
さらに残りを私がつきっきりで1枚ずつ、
「本当に必要!?ねえ!必要なの!?」
と問い詰めたところ、ザクザクごみ袋行きとなったのでした。

でも、私が捨てると判断していたものも、夫に言われてよく見たら、
「大切に保管しておいてください」と書いてあり、
捨てられない夫もあながち間違ってはないのだと思うのでした。

断捨離でゆとり生活
美しい収納&お片づけレッスン♪
収納・片付け

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ご訪問ありがとうございました。
ポチッとしていただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

[PR]

by ieshigoto | 2014-03-01 08:19 | 収納・掃除


<< 楽天スーパーセールで入園準備      入園式はパンツスーツで >>