いえしごと

iesgt.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 16日

登園初日にやっちゃったこと

入園式も無事終わり、通常の幼稚園が始まりました。

f0302010_01315804.jpg
いつかのお花見風景です


登園初日、私はやってはいけない大失敗をしてしまいました。

着替えをする際、「できない~」とぐずる息子。
どうしても一人で着替えをさせたかった私は、息子をキツく叱ってしまい、
息子のぐずりはエスカレート、私の口調もどんどんエスカレート、
息子は大号泣、私は超不機嫌、という最悪の状態になってしまいました。

記念すべき登園一日目と言うのに、申し訳ないことをしてしまいました。
幸い、息子はお友達大好きな性格なので、
幼稚園に着いたらケロッとして遊びだし、
「ママ、僕には友達がいるから帰っても大丈夫だよ」
と、私を送り出してくれました。

迎えに行くと、泣いてお母さんから離れられなかった子が何人かいました。
一人で幼稚園にいられるだけでもえらいのに、
私は一人で着替えをすることを強要してしまい、
なんてレベルの高いことを求めてしまったんだろうと思いました。

そして後で考えると、しっかり者の息子でも、
幼稚園に行くことにプレッシャーを感じていたのだと思います。
いつものお出かけの時は一人でちゃんと着替えできるのだから。

なぜ、私がそこまで一人で着替えをすることにこだわっていたかというと、
自分自身が子どもの頃、生活習慣のしつけをほとんどされなかったため、
大人になってからとても苦労したからです。
朝の準備ができなくていつも遅刻したり、忘れ物をしたり、
社会人になってもその癖はなかなか抜けませんでした。
だから息子には、自分の準備を自分でやれるように、幼い頃から習慣づけたかったのです。

どうして息子がぐずって着替えをしなかったかもう一つ考えられるのが、
私自身の焦りが伝わったことです。
朝の時間配分がわからなくて、気が付けば、
化粧してない!髪がハネてる!とアタフタしてしまいました。

「改善点」

(1)起床時間を30分早める

(2)まず自分の身支度を整えていつでも出かけられるようにする
   食器の片づけ・掃除などは後回し。最悪、登園後でもいい

(3)息子が着替える時は自分のことはやらずに側で見守る

前の日の晩にこれだけ考えて、登園2日目に挑みました。

息子はやっぱりぐずって自分で着替えたくないそぶりをしたけれど、
私がゆっくり見守ったためか、なんとか手助けなしで着替えを完了しました。

やっぱり、母親の態度って伝わるんですよね。

いつかは、私が見ていなくても自分で着替えてほしいけど・・・。

子育てのつ・ぶ・や・き

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ご訪問ありがとうございました。
ポチッとしていただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




[PR]

by ieshigoto | 2014-04-16 01:37 | 子育て


<< 「幼稚園楽しかった?」は聞いち...      近況報告と幼稚園手作りグッズ >>