いえしごと

iesgt.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 25日

持ち物リストとやることリスト

昔から忘れ物が多い私。
息子の幼稚園の持ち物リストを作り、壁に貼るようにしました。
f0302010_20312783.jpg
きっかけは、幼稚園の帽子を忘れたこと。
その日は出発する直前に、息子と一緒に「水筒、よし!ハンカチ、よし!」とチェックしたのに、
帽子って当たり前すぎてチェックしていませんでした。
一番忘れそうなハンカチは注意してるので忘れたことないのにな。

幼稚園に着いてから気づいて、息子は大泣き。
大人にとってはたかが忘れ物なんだけど(しかも帽子は帰る時まで必要ないし)、
子どもにとっては「忘れた」ってことがすごくショックだったみたい。
その後、大急ぎで家に取りに戻り届けました。
無駄な往復をしてしまった。もう二度とこんなことは繰り返さない!

それで家に帰ってから、鉄は熱いうちに!と思い、
息子の幼稚園の持ち物リストを作成しました。
PCで2枚作成して、1枚は息子の収納の近くに(一番目の写真)。
f0302010_20315515.jpg
もう1枚はダメ押しで玄関に。
準備したつもりでも、家を出る時になって部屋に置きっぱなしになってることを考えて、
ここで最終確認です。(特に帽子!)

忘れ物をしたその日のことだから、息子はうれしかったみたいで、
「これでもう忘れないね!」
と言って、何度も読んでいました。

これにはとてもいい効果があって、
息子がこれを見て自分で準備ができるようになりました。
今までも自分で準備はしていましたが、
どうしても途中で手が止まったり、私が「ハンカチは?」と声をかけなければならず、
それが今ではすんなりと自分だけで完了するようになりました。
書いて貼るってことは大事だなと思いました。

これに味を占めた私、もう一つ作りました。
f0302010_2032852.jpg
「朝のお支度」と、「幼稚園から帰ったら」。
息子のやることを書き出しました。

持ち物リストを作って思ったのですが、
耳から入ってくる言葉よりも、字で書いてあった方がすんなりやるようになります。不思議。
「やらなきゃいけないこと感」が増すからでしょうか?

「幼稚園から帰ったら」やることのリストは、特に気を使って考えました。
今までは、かなりグダグダ。いつまでも帽子とカバンが床に置きっぱなしでした。
一学期中は、慣れない幼稚園で疲れているのだから、と大目に見ていましたが、
二学期から立て直しです!

まず、どうして今まで幼稚園から帰ってからのお支度(カバンを指定の位置に戻すなど)ができなかったかを考えました。
第一に、タイミングが悪いと思いました。
家に着いてダラッとしてから、一息ついて遊び始めた頃に私が、
「カバン元に戻してー!」なんて言うもんだから、「今遊んでるのー!」となるのです。
だから帰ってすぐ、間髪入れずにやるべきことはやる!とします。

あと、帽子&カバンを玄関にほったらかしているので、
リビングから改めて取りに行くのが面倒に感じるというのがあります。
(たった5歩ぐらいなんだけどさ)

なので、幼稚園から帰ったらやることリストの一番目は
「カバンを机の上に置く」にしました。
こうすれば、次への行動がスムーズ。目の前にあるから片づけないと仕方ないし。

実はこれ、幼稚園の教室に貼ってあるのと同じです。
ここまで細かく行動を書かないと、年少さんには難しいんだなーと感心したので、
我が家でも取り入れました。

他は、
・帽子をかける
・水筒を出す
・お手紙をママに見せる
・タオルを洗濯かごに入れる
・おやつ
・勉強
です。

勉強といっても1~2分で、家庭学習の習慣付けのためにやってます。
ここ最近はネットで無料のプリントを印刷していましたが、公文のめいろを購入したのでこれからはこちらにします。

これ書いてて気付いたんですけど、「手を洗う」と「カバンを元に戻す」がないですね。
作りなおさなくっちゃ!

↓かぞくのじかんっぽい記事が書けた!と思ったので久しぶりの参加です^^

↓応援クリックしてもらえるとうれしいです♪
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


[PR]

by ieshigoto | 2014-09-25 21:01 | 子育て


<< 壁を飛ぶ鳥さんとniko an...      無印良品でド定番と、チャック付... >>