いえしごと

iesgt.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 20日

付箋を貼る場所を変えて効率を上げてみる!

f0302010_6464394.jpg
以前、付箋を使った時間管理について書きましたが、最近は全く書いていませんでした。
それどころか、ノートを開くのでさえ億劫で。

原因を考えたところ、付箋を貼るノートの置き場所と、ノート自体に問題があると考えました。

何かやりたいこと、やらなければならないことを思い付くのは、たいてい、洗濯物を干してる時、料理してる時。
家事をしながら頭の中で別のことを考えている時。
いざ、ノートの前でやることを考えると全く思いつかないのに^^;
だから、思いつくのはキッチンか脱衣所が多いです。
なのに、ノートの置き場所はリビング。

我が家の間取りは、南からリビング、キッチン、脱衣場と並んでいます。
リビングから脱衣所は一番離れています。
小さな家なので、本当はたいした距離じゃないのだけれど(ほんの数歩)、
家事中はこれがとーっても遠く感じます。

それと、私が家事をしている時、リビングには息子がいます。
息子が一人で集中して遊んでいる時に、視界に入って息子の気をそらしたくないのです。
「ママ!遊んで!」なんて言われたら、せっかく家事がはかどっていたのが台無しですから。
それでつい、後で書こうと思って、忘れてしまうんです。

ノートにも問題があります。
「ノートを取り出し」、「開いて」、「椅子に座って」、「書く」。そして「元の場所に戻す」。
これだけの動作が必要です。
あっ、マヨネーズ買わなきゃ!って思った時に、これだけの動作をするのはやっぱり面倒。

それに、たくさんやることリストを書き出しちゃったので、ノートを開くたびにうんざりする自分もいました。

すぐにやった方がいいこと
 ・食料品の買い物リスト
 ・息子の下着の名前付け など

やらなくてもいいけどやりたいこと
 ・ガーデニングの計画
 ・インテリア&収納の見直し など

と、書く場所を分けた方がいいなと思いました。

それで、冒頭の写真に戻りますが、とりあえず、キッチンの窓に付箋を貼ることにしました。
こっちはすぐにやった方がいいことだけを書きます。
脱衣所からも遠くないし、息子の視界にも入りません。

やっぱり、立ったまま書いて貼れるから早いし、時間が空いた時にパッと見られるのもいいです。
f0302010_6461051.jpg
でも、さすがにこのままじゃだらしないので、いつかはこの造作家具側に移動したいと思います。
ここはリビングから死角なので、今はごみカレンダーを貼っていますが、木なので付箋紙はすぐに剥がれてしまいます。
ホワイトボードか何かの取りを考え中です。

収納や家事の本やブログを読んでいると、
「冷蔵庫や壁に何も貼らない!」というのが鉄則になっていると思います。
その流れに沿って、私もプリント類は何も貼らないようにしてきました(ゴミカレンダーは除く)。
幼稚園のプリントや給食の献立表も貼ってません。
でも、貼った方が見やすくて便利なこともあるって今回気づきました。
リビングから死角のここなら、どんどん貼ってもいいんじゃないかな?と思いました。
ここを我が家の情報ステーションのようにできたらいいな!


リサラーソンの付箋紙を見つけました。テンション上がるかも!?

↓応援クリックしてもらえるとうれしいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

[PR]

by ieshigoto | 2014-10-20 12:00 | 時間管理


<< コルジリネにさよなら      プラレールのおすすめレール&情景部品 >>