いえしごと

iesgt.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 05日

4歳児に学ぶ、人間関係の極意

息子が幼稚園に通いだして半年以上が過ぎました。
息子はもちろん、私にとっても初めての幼稚園生活。
私はようやく慣れてきました。当の息子はとっくに慣れてますが^^;

息子が好きな友達がいます。毎日、「今日○○君がねー。」と、○○君情報を教えてくれます。
その子はクラスのリーダー的存在の子です。

その子はちょっとわがままで、お兄ちゃんがいるからか口が達者でキツイ物言いをします。
「うっせーなー」とか、「バカヤロー」とか。
親からすると、あんまり仲良くなって欲しくないなぁと思います。

なぜ、我が息子はその子のことが好きなんだろう?
息子は割と優しいタイプ。親としては、同じように穏やかで優しい子(そしてできればちょっと賢い子)
と仲良くなればいいのにと思います。
でも、息子が好きなのは強気なやんちゃタイプのようです。

私は考えました。
きっと息子は、誰と仲良くすれば自分にとって得か自然とわかるのでしょう。
だからクラスのリーダー的存在の子と仲良くしたいのだと思います。
そうすれば、自分もクラスの中心になれるし、強い子にいじめられた時に助けてもらえるものね。

息子を見てると、社交上手は小さい時から備わったものなんだなと思います。

私は人間関係がとっても苦手。学生時代は特に苦労しました。
対して夫は社交的で人間関係に苦労しないタイプ。
息子の性格は夫に似ています。

私が幼い頃は、自分と同じように大人しくてどんくさい子と仲良くなっていました。
だから、いつまでたってもクラスの地味な存在のままだったんだなー。

そして、それから社会人になって今に至るまでずっと。
自分より強い人間、得をする人間と仲良くなろうなんて考えもしてなかったなー。
だから会社でも損な立場ばっかりだったんだなー。
そんな幼い頃から差がついていたのならしょうがない。本能ってすごい。

息子にそう気づかされたのでした。

ま、私はいいとして、
息子には今のまま、会社でも世渡り上手になってもらいたいものだと思います。


[PR]

by ieshigoto | 2014-11-05 22:02 | 子育て


<< おにぎらずで夫弁当を進化!      お買い物マラソンメモ-子ども服... >>